隨心院流小野講傳所

 真言宗善通寺派大本山隨心院は平成十七年隨流の流祖・仁海僧正が生誕千五十年を迎え、その記念事業の一環として「隨心院流小野講傳所」を開所しました。 隨心院流の事相教相を伝授し、講伝を開筵し、教師相互の研鑽修学および隨流に関する研究を行うことを目的としており、所長には生駒琢一善通寺派教学部長が就任。講伝の対象は、善通寺派教師および同じ法流の泉涌寺派教師ですが、真言他派教師の参加も呼びかけています。 同講傳所は事業として、法流に関する聖教類の調査研究、伝授・講伝の開筵、古文書類の調査研究、法流稟承の開催、灌項の開壇、出版物の発行、各種講演会や研修会の開催、各種法要の厳修などを行ないます。平成十八年の事業は、小野三流(隨心院流、観修寺流、安祥寺流)の講伝、聖教類の研究、法流研究など。伝授は初年度は行いません。

お問い合わせ

隨心院までお気軽にお問い合わせください。


電話  075−5710025
FAX  0755723690